tel.090-1556-2121

HOME > セラピスト紹介

セラピスト紹介

いいだかなえ室内イメージ施術台
アロマセラピスト/ヒプノセラピストいいだかなえ

横浜市在住。通称「かな」。一児の母。
人に喜んでもらえる、良くなっていく仕事が好きで、いつの間にか現在の職業に。
趣味的にモデルの仕事をすることも。

たまたま行ったサロンで初めてアロマトリートメントを体験。そしてアロマテラピーに惹かれ始める。
波乱万丈、人生で色々な経験をし、精神的に弱っている頃にレイキのアチューンメントを受ける。
自分自身を高めていこうと学び始め、今はヒプノセラピーと心理学を探究中。

多次元セラピーを学ぶことにより、可能性が大きく広がりました。 そして人間本来の凄さを改めて感じました。
そして現在、ニューコードNLPに新たなものを見出し、学んでいます。

リアリティとスピリチュアリティをバランス良く保つこと、顕在意識と潜在意識を調和させバランス良く保つことをモットーに、日々奮闘中(笑)
人生まだまだ勉強。一生勉強。 この先、どこまで行くのやら?

好きな言葉:
現状維持では後退するばかりである。(ウォルト・ディズニー)
人生で経験した全ての逆境、トラブル、障害が、私を強くしてくれた。(ウォルト・ディズニー)
知識は、体で覚えるまでは噂にすぎない。


セラピストインタビュー

Q1 ヒプノセラピストを目指したきっかけは何でしたか?

『より多くの人が本来の輝ける自分を取り戻し、より良い人生を送れるように』という思いからです。
私自身が人生でいろんな経験をしてきました。
普通ならしないような経験もし、波乱万丈で、それをこの場で語ることはできませんが(笑)
それがあったことで、その人の悩み、つらさ、哀しみ、死にたいほどの苦しみ・・・それを私は理解することができると。
今までの私の経験は、そのためにあったのだと実感しています。

Q2 ヒプノセラピーをやり始めたきっかけは何でしたか?

もともとヒプノセラピー(催眠療法)というものがどういうものなのか知らなかったので、興味がなかったんです。
きっかけは、知人からヒプノセラピーのことを聞き、「自分で過去世(前世)を見ることができるなんてすごい!面白い!」という単純なところからでした(笑)

しかし、実際にヒプノセラピーを習得して実践しているうちに、新しい課題も見えてきました。従来のヒプノセラピーが抱えている課題として、ただ前世を見るだけでは問題の糸口を見つけることができても、その部分を根本的に癒したり解決したりするには不完全だったのです。

その要因となる部分を知り、その時の気持ちを理解することで気付かれる方もいらっしゃいますが、苦しいままの方もいらっしゃり、私自身もその苦しさを感じていました。

心を癒すことができないヒプノセラピーに、何の意味があるのか・・・?
そんなことから、本格的にヒプノセラピストとして活動することを決めました。

Q3 NLPなどを取りいれているのもそういった思いが根本にあったのですね?

その通りです。より多くの人に変化を与えられるようにと思い、複数でも可能な方法は無いものかと考えていました。 カウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)というのは、通常1対1で行われるものなので、複数でのセッションは難しいんです。

そして、ヒプノセラピーを受ける方の中には、心のブロックが強かったり、その部分には触れたくない方もいらっしゃいます。
なので、ヒプノセラピー以外の方法で変化を与えられるツールも探していました。

そんな時、NLPに出会ったのです。
実はヒプノセラピーにもNLPの手法は含まれているので、2つは全く無関係ではないのですが、より科学的な根拠に基いて人に変化を与えられるNLPはとても魅力的でした。

初め、NLPは独学で学んでいこうと思っていました。
ですが『ニューコードNLP』について知ってから、これこそ私が求めるNLPだと直感し、学びに行くことを決めました。『ニューコードNLP』はそれまでのNLPの欠点を補う画期的な手法だったのです。

こうして、ニューコードNLPとヒプノセラピー(多次元セラピー)を組み合わせた果凛のセラピーが生まれたのです。
いずれは、ニューコードNLPでの『コーチング』もメニューに加えていく予定です。

Q4 ご来店するお客様にはどんな思いで接していますか?

当店では、一度のセッションで出来る限り問題を解決できるよう、癒しを与えられるよう、変化を与えるツールとなるよう、愛をもってセッションしています。
そしてセッション後も、メールや電話などでフォローさせていただいています。
当店でセッションを受けられたクライアント様からは、ちょっとしたことやその後の状況、ご相談などのメールをよくいただいています。

クライアント様の心や身体の状態の変化が、私の大きな糧となっています。

Q5 この先のビジョンはどんな考えをお持ちですか?

『より多くの人が本来の輝ける自分を取り戻し、より良い人生を送れるように』
『子供たちの未来のために』
これが、今後のビジョンの基となる私の思いです。

私が描いている具体的な将来像は2つあります。
1つは今以上に、あらゆる手段で心と身体の両面からアプローチしていけるよう日々学び、多くの人がより良い人生を歩まれるよう、自分自身を磨き続け、多くの人に変化をもたらしていくこと。

悩みや、ストレスの多い時代です。とはいえ、みなさん時間に追われてなかなか長期的なセラピー・カウンセリングを受けられないのが現状ではないでしょうか。これからは、何度も通わずにどれだけ変化を与えられるかが、とても重要だと思います。

そしてもう1つは、日本ではカウンセリングやヒプノセラピー(催眠療法)というものが海外のように浸透していないので、もっと浸透していくよう活動していくことです。
今後は、NLPを活用して、企業様や学校、施設など、色々なところで活動の場を広げていこうと思っています。


このページのトップへ